物を測るのに必要

マイクロスコープのレンズ

ロードセルを使った製品は体重計・電子はかり・計量ユニット・質量式混合機などが、あります。 実際自分でもロードセルを使った製品を作った事があります。 但し使い方を間違えると、その物の機能をちゃんと果たせなくなったり 本当の精度が測れなくなったりします。 一つの機械に2個や3個使ったりする時は特に注意が必要です。 ロードセルの特性をちゃんと知っておかないと、良い製品は出来ません。 ロードセルのメーカーもいろいろありまして、その機会ごとに 使い分けをしないと駄目な製品が出来てしまいます。 精度重視の製品を製作するとしたならば高精度のロードセルをまた速さ重視の製品を製作したいと考えましたら、性能重視のロードセルを選択しなければいけません。

今後の良い製品作りとしまして、やはりロードセルの高性能化と値段の価格のコストダウン化が重要視されてくると思います。 但し良い製品を作るのに安い部品(ロードセルやステンレス部品)を 使ってばかりいると安かろう悪かろうの製品になってしまいます。 色々ロードセルメーカーがたくさんあのでその中で暗中模索して より良い機械製品を製作していきたいと考えております。 但しやはり人間の作る機械なので間違いや行き違いとかで失敗や不良品を作ってしまう事も多々あると思います。 ですので一人で色々と考えるのも良いですが、グループ活動にて色々と セッションしながらより良い製品を考えていった方が効率も依り良くなって 時間の短縮も図れると考えます。