研究の手助けを行う

並んだマイクロスコープ

日本に限らず現代の世界各国では様々な新規の開発商品を展開している情勢があり、色々な新規素材や商品を日夜、日進月歩で開発している競争が発生しています。 その為、現代では色々な産業の専門分野においては、その分野に基づいた必要性の高い開発環境を整える資材や備品が重要視されている傾向が強く、これが設備投資資金となっている背景もあります。 そして今回の題材である「マイクロスコープ」とは、まさにその必要性が高まる時に設置や導入を議論される中で備品の1つとして議論の土俵にあがる事のあるアイテムでもあります。 このマイクロスコープは元々は英語でmicroscopeと綴り、そして日本語では顕微鏡を意味します。 そして重要なのは、その産業毎にマイクロスコープと言えば意味合いが全然違ってくるという事です。

マイクロスコープと一口に言っても産業や分野、つまり畑が違えば意味合いが変わる旨は前述しましたが、これはどういう事かと言うと日本ではマイクロスコープはカタカナ読みの業界用語と化している側面があり、テレビ開発やパソコン画面のタッチパネル開発分野などでは、マイクロスコープと言えばその画面内の画像データの拡大性や解像度調整などに用いられる開発装置や商品に実際に備える商品内の装置の1つだったりします。 対して生物研究の分野などでは微生物の調査や、微生物を活かした新規の養殖産業で用いられるのが顕微鏡の意味でのマイクロスコープであるなどの、畑違いでの意味合いがまったく違うワードとなっているのが特徴です。 日本でよく見られる和製英語的な面も持ってしまったマイクロスコープとは、その業種の分野毎に「どういう意味でのマイクロスコープなのか」というのを導入の議論の議題の材料に上げた場合は細かく説明する事も大切な要素です。